ロシア横断を終えての感想


150日をかけてロシアの
ウラジオストクからモスクワ9000kmを自転車で走り終えることができました。
どうでしたか?と聞かれたら、
「本当に良かったです。またいきたい。」と答えたいです。
風景は非常に美しかったです。
シベリアの広大な森林地帯。
モンゴルへ繋がる新緑の大草原。
北極海へと続く大湿地帯。
世界最大の湖、バイカル湖。
アジアとヨーロッパの境目ウラル山脈。
まっすぐに続く道をひたすら進み続けます。
単調で飽きるのではないか?とも思えそうですが、最後まで飽きることは無かったです。
森をみる時間、草原をみる時間は
色んな事を考えることのできた価値のある時間だったと思います。







よくロシア人は無愛想と言われていますが、
たしかに無愛想な人はたくさんいます。
でもそれと同じぐらいにありえないぐらい底抜けに親切で、
真心の笑顔で対してくれる人もそれ以上にたくさんいました。
ロシアを走れば走るほどロシア人のことがすごく好きになっていました。





過酷な自然環境の中で、
自然に抗い、自然に順応し、たくましく生きるロシアの人々。
日本からほど近いこの土地でこのような生活が
営まれていること自体が非常な驚きでした。




ロシア・シベリアの情報は日本ではなかなか手に入りません。
情報の無いシベリアを自分の足で走る面白さ。
発見する面白さ。
その冒険心がロシアの旅を面白くしてくれたと思います。








食事はとても美味しく毎日が楽しみでした。
道中のカフェでは地元の村のおばちゃん手製のロシア料理が出される場合が多く
味は何重にも深みがあり日本人の味覚に合う料理が多いように感じました。









道は100%舗装でした。
最初から最後までアップダウンは非常に激しいです。
でも最後まで走り終えた後の達成感は大きいものがありました。



たくさんの動物に出会えて道中すごい癒されました。
ヘラジカ・ハリネズミ・キツネ・牛・馬・ヒツジ・ペリカン。
ビーバーにも出会いました!
草原には小さなネズミもいます。
運が良かったら?森で熊にも出会えるかもしれません。




ビザは日本にあるロシアビザセンターで90日のビジネスビザをとることができます。
ビジネスビザですがちゃんと入国できました。
時間はたっぷりあるので途中ビザの事は忘れて走ることに専念できました。
物価はだいたい日本と同じぐらいです。



道が一本ですから色んな国のチャリダーやライダーに出会う事ができました。













飛行機や電車を使った旅ではなく、自転車の速度での旅だからこそ
感じられるシベリアの魅力が多くあったことを今は強く確信しています。
シベリアを自転車で走る事ができて本当に良かったと思います!!






続きを読む⇒⇒⇒⇒⇒(0.自宅出発~ウラジオストク)